目の疲れや症状は、「肝」の不調から

五臓六腑との密接な関わりの中で現れるもの。

目の疲労感や乾きといったさまざまな症状は、
五臓六腑との密接な関わりの中で現れるもの。
中医学の医学書にも「目には五臓六腑の精気(生命の源となる力が)集まり、
その力によって物をよく見ることができる」という記述があり、
その密接な関係を表しています。
眼精疲労特に深い関わりがあるのは、血の貯蔵庫である「肝」。
「肝は目に開く」ともいわれ、
肝で蓄えられた血は”目の栄養源“となっています。
目を使うと血は消耗されますが、酷使して血の消耗が激しくなると、
目に栄養が行き届かず疲れや痛みなどの症状が現れるのです。
また「肝腎同源」といわれるように、「腎」は肝をバックアップする臓腑。
肝の機能を高めるためには、腎を強くすることも大切です。
眼精疲労やドライアイといった目のトラブルは、多くの人が抱える悩み。
軽い目の疲れでも、頭痛や肩こり、イライラ、
鬱といった症状につながることもあります。
また、肝臓や胃腸などの病気が原因になっていたり、糖尿病などの初期症状として現れることもあるので、いずれにせよ軽く考えて放置するのは禁物。
日頃の養生で目をいたわり、
症状に気付いたら早めに対応するよう心がけましょう。

目を休め、疲れをやわらげる習慣を

目の疲れや痛み、充血といった症状は、
心身が疲れていることを知らせるシグナルです

症状が重くなり頭痛や肩こりなどを引き起こす前に、
普段の生活の中で目の疲れをやわらげる習慣を身に付けましょう。
まず、パソコンのモニターやテレビを見ていて疲れたなと感じたら、
目を少し休めてください。
窓から遠くを見たり、
目の血行をよくするツボをマッサージしたりすると効果があります。
仕事に追われていたり、
テレビに夢中になっていたりするとつい見過ごしてしまいがちですが、
意識して目の緊張をやわらげる時間を持ちましょう。
ストレスを溜めない工夫も大切。
ウォーキングやストレッチで適度に身体を動かしたり、
アロマオイルの香りでゆったりくつろいだり。
心身ともにリラックスすることが、眼精疲労の予防につながります。
また、毎日の食事では肝や腎を補う食材を取り入れる工夫を。
手軽に取り入れるなら、
普段飲んでいるお茶を「菊花茶」などに替えてみるのもおすすめ。
菊花茶は、肝の熱を冷まし、
目をすっきりさせてくれる目の養生の主役ともいえるお茶です。
肝と腎を強くすることは、白内障や黄斑変性症といった加齢による病気の予防にもつながります。
いつまでも元気な目でいきいきと過ごせるよう、
日頃の養生を心がけたいものですね。

CONTENTS MENU

コンテンツメニュー

DISEASE LIST

病気の種類